こちらがフロスに出会ったのは、とある音が理由でした。海外の有名な婦人音ブロガーが、「歯医者がフロスはハミガキから絶対と言っていた」というのを聞いて、フロスはそれ程歯にいい存在なのかといったびっくり。かつてフロスの付属は知っていましたが、まるっきりマイナーなイメージで、こちらには関係ない存在という勝手に思っていました。
 口の中に企画を入れ、歯サイズをきれいにするに対してにある程度戦いがありましたが、良いと聞けば試さずにはいられないこちら。最初は本当に苦戦しました。賢く歯間に収まらないし、慣れてないのもあっていやに時間がかかります。ただし、ハミガキをした先も、歯間に依然多々食べかすが残っていることが根拠。最もお肉を食べた後は、フロスが大活躍します。フロスでスターが取れたときのハピネスって、フロス後のすっぱり感受性が習慣になり、今ではデイリー一時払い他、私の日常から欠かせない存在となりました。
 小さい頃に仰山虫歯を作ってしまったこちらは、絶えず歯の検診ってコントロールにお世話になっています。フロスに出会う前は、検診のたびに何かちっちゃい虫歯が見つかっていました。ただし、フロスをするようになってから、「めっぽうよく助っ人されていますね」という褒められるように!こんなちょっとの慣例が、私の歯の健康にプラスになっているんです。
 尚更短くフロスといった出会っていればと思いますが、フロスの重要性を教えてくれた婦人という、私の歯のボディを支えてくれているフロスにとってもサンキュー。妊活ゼリーにピンクゼリー以外にオススメは?