昔は歯磨きが嫌いでウィークに3?4回磨けば良い方でしたが、その確率虫歯は少なかったと思います。
成長するにつれて毎日磨くようになりましたが、それに従い細い場所に虫歯が増えていきました。
それを十数年放置したリターン、痛苦が治まらない程の執念深い虫歯が出来てしまったので歯医者へ行くことに。

最初の検査で歯磨きが規則正しく出来ているか「歯垢染色剤」を使って論証です。歯垢のある実情だけがピンクに染まるアレですね。それを見て教官が「思える部分は綺麗に磨けているけど、反比例や希少はまだまだですね。」というアクセント。
確かに虫歯になった場所の多くは歯といった歯にわたりなので、長年の磨き残しが要因だという確約が露呈したということですね。

それまであまり考えずに歯磨きにおいていたのですが、そういった来院を切っ掛けに却って気を使って歯磨きをしないと無茶だってもらい始めました。
そんな時、その歯医者の受付に置いてあったとある歯ブラシに目線が止まったのです。
それは「タフトブラシ」はで、普通のブラシでは届きにくい希少専用の歯ブラシでした。ブラシ実情が直径5mm程の円柱状になっており、そこに頭髪が植えて居残る頭髪先の乏しい筆という様式のものだ。
これは良いかもってその場で収得、今後は普通の歯ブラシといったタフトブラシの「二刀流」で磨くことにしました。

実に普通の歯ブラシで普段通りに磨き、その後にタフトブラシで歯にわたりを現実って反比例から丹念に磨いていきます。隙間に入れようとしてやる気が入り過ぎると歯茎を傷つけてしまうので、出来るだけ軽く当てて掻き出すようにしていきます。
全ての希少を磨くことになるので時間は掛かってしまいますが、磨き終わると今まで以上のスッキリ感覚がありはなはだ歯が軽々しくなったような感覚になるほど。再び磨きの残しが多かったのだな…という悔悛です。

歯ブラシを2仲間立ち向かうことは正直無理ではあるのですが、このからきし感覚といったリライアビリティには代えにくいものです。「80年齢まで20図書」を目標に、これからも続けていきたいと思います。モモンヌケアは買ってはいけない?