子どもも大人も歯医者が不得意という人様は一段といると思いますが、わたしが昔に体験した虫歯診療は、今でも強く印象に残るほど、格好よい見識でした。

行きつけだったそれの歯医者は、院長が恐い数値大手でした。年齢は30代金後述~40代金ぐらいでしょうか。色白でメガネをかけてあり、身体も細かったのでカマキリという連想を有するのを覚えています。
本当に診療が始まるといった、彼氏の持つ武器は勢いを増します。
「ほら、ココ虫歯になってる。正しく磨かないからこうなるんだよ」
「心から口激しく開けて!未だに開けられるでしょ」
「舌引っ込めて、舌!何回言えば聞こえるの!そういったカンタンな個所」
それは諭すというよりも、半分は叱りつけるような風情でした。助っ人の女子取り巻きの輩は全て手厚いのに、院長独力がそんな感じなのです。
当時わたしはまったく5年齢ぐらい。わたしは泣くまいという必死に持ち堪えましたが、ガマンできずに、ツーといった涙が頬を伝わりました。
でも診療中ごろなので泣きじゃくるわけにもいかず、口は開けた通り引き続き耐えていました。
そのニュアンスを見ていた女子の取り巻きの方が、タオルを持って来てコソコソ涙を拭ってくれました。
診療も痛かったけれど、キツい抗議をされたのが作用でした。女子部下の優しさが、せめてもの救いでした。

その後も行く必要に迫られて何度かそれの歯医者に行きましたが、院長の体格は未だにそんな感じでした。
開口一番「なんでこれ程なるまで放っておいたんだ!」というときは、小学校高学年の位で、その頃はさすがに少しは免疫が付いていましたが…。

子どもが嫌いだったのか、なんだったのか分かりませんが、私の兄に至っては、院長に「再び口もの凄く開けなさい!」といった素早くビンタされたこともあるそうです。(即今大危険と思いますが)
それでも「他の歯医者の方がいい」って渋る子どもを前に、両親は従来それの歯医者に連れて言うので、拳固は常識だったのかもしれません。

あの院長の連想が強烈だった数値、今はいつの歯医者をめぐっても全て優しいなぁと感じます。でもあの渋い見識がある限り、できれば再度歯医者は行きたくないですけどね。ベジタブルスムージーでダイエットうまくいった人いる?野菜ジュース並みに栄養たっぷりの玄米ミルクスムージーでうまくいったって!