七階層ほど予行、右手下の奥歯が痛くなって、オープンしたばかりの歯医者に行きました。
辛いと言っても、始終しんどいわけではなく、ときにはじんじんと痛む感じです。早めに治療しておこうとして、ネットで調べた歯科病舎に行きました。凄まじいおしゃれな病舎で、いささか気後れしてしまうほどでした。
ところが、健診に関しても、痛む理由は分からないと言われてしまいました。特別虫歯にはなっていないようだとのスポット。あたいが「でも辛いし、歯のここがある程度黒くなっていて、磨いても取れないんです」と言うと、歯科洗浄士さんが金属の不安でカリカリというその黒い何かをひっかき、すっきり取れてしまいました。それから、歯の痛みがある部分を金属の棒で押されて「痛いですか」といった聞かれたのですが、痛苦はありませんでした。その時話を聞いてくれていたのは、今どき思うと歯医者ではなく歯科洗浄士さんものの気がします。「どうしてきついんでしょうね」というちょっと困ったような感じを通じていました。
私も、虫歯でないと言うのならまぁいいかと思ってその日はそのまま帰りました。
事後数年間、ちょいちょい同じ部分は痛むものの、引き続き差し置きました。そうなると段々と痛苦が増してきたので、数年後に改めて別の歯医者に行きました。その時には圧倒的虫歯になっていました。余程長く放置していたので、歯の中に小さな洞窟ができてあり、中で虫歯が進行していたようです。
最初の歯科病舎が誤診だったわけではなく、来院を受けた後に虫歯が進行しただけだとは思うのですが、どうしても悔しい人格です。定期的に検診を受けなかったのがいけないんですけどね。アシドフィルス菌ビオチン