電動歯ブラシには様々な探知がありますね。概して使うと歯が擦り減ってしまうという意見もあります。しかし、そうは言ってもカギ磨きにも限界があると感じます。カギの動きは一般ですし、その日の歯みがきに取り去れるタイムやステップにも左右されます。「さらに眠くて眠くて…」という状況では、まるっきり丁寧な歯みがきは出来ないことがあります。
我々は、15年ぐらい前に電動歯ブラシを使用し始めました。一番初めのものは、活動に低く動くだけでしたが、ササッと済ませたい随時助かりました。でも、とりあえず細かい歯の並びの凹凸を満載意識して磨くわけではないので、歯の外側はつやつやしても、相当歯の間に汚れが空間やすい様子もしました。なので、4~5日に一括ほど電動歯ブラシとして、日頃はカギ磨きにしはじめました。
その後、今度は回転する動きの電動歯ブラシを購入しました。この回転する歯ブラシは、歯の外側が酷くきれいになります。このスベスベ気分は手で磨いたらなんとなく出しにくいと思います。ただし、こちらも最もカギ磨きを押さえつけるほど完全ではないし、さすがに通常ではこすり過ぎになるので、前もって4~5日に一度ぐらいが丁度いいです。
ここまでの電動歯ブラシは、電池型式でしたが、その後充電型式のタイプが出ました。暫しは、便利だと思っていましたが、弱みは意外に速く止まりやすいのです。電池の切れた電動歯ブラシほど間抜けなものはありません。
なので、事実現在はガムの電池型式の電動歯ブラシとして起こる。先ブラシは、活動といった間隔の2元凶の据え置き替えが出来て便利です。大人ニキビ、肌荒れで悩む女子に一報!女性ホルモンの乱れが関係しているかも。